フォント

最近テレビを見てると気になるフォントがある。
ネットで調べたら、やはり気になる人がいるみたいですぐにわかった。

「くろかね Std EB」というフォントのようで、試し書きしてみると

te.gif

「て」と「T」が似すぎだ。




nohara_20160622162308cec.gif




フォントは基本手作業で1つずつ作っていくのかな。いろいろインストールしてると知らぬ間にパソコンの中にも増えていく。
テレビのテロップのフォントもいろいろ増えたように思う。




スポンサーサイト

画像編集

時々どんな画像編集ソフトを使ってるのか聞かれることがあるので書いておきます。

□画像ビューアーは
XnView。

□画像加工は
FastStone Image Viewerを使用。

加工としては
トリミングして縮小してレベル補正です。
野鳥はアンシャープを少しかけます。

Gifアニメを作るときは

JTrimの「座標指定切り抜き」で切抜きして縮小。
必要ならその他加工。
Giamでアニメ化します。

□ノイズ除去
Neat Image使用。

すべてフリーのオンラインソフトです。
自己責任での使用です。

私はWin7で使ってます。

ダウンロード先や使い方はソフト名で検索するとヒットします。
英語のソフトは日本語化のやり方も分かります。

大体の流れは
http://farruca.blog11.fc2.com/blog-entry-806.html
を参照してください。






Matrix Canvas Code

映画「マトリックス」の非常に有名な上から漢字やらカタカナやら平仮名やらが滝のように
ぞろぞろ流れ落ちてくるあの超有名なシーンを1KB以下のコードで完全再現したものが
「Matrix Canvas Code」です。

下記をクリックすると別窓で開きます。

Matrix Canvas Code

中身は

===
mat.gif

===

これだけ。

matrix.jpg

画像加工

使用カメラ

ニコンD300

使用レンズ

Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED

テレコンバーター

Ai AF-S TELECONVERTER TC-14E II


元画像のExif(イグジフ)情報です。
横1200に縮小しただけの画像です。

===========
:
メーカー名 : NIKON CORPORATION
モデル名 : NIKON D300
露出時間[s] : 1/1250
Fナンバー : 5.6
露出プログラム : 絞り優先 (3)
スピードレート(ISO) : 400
露光補正値 : -1
レンズ最小F値 : F5.7
測光方式 : 分割測光 (5)
レンズ焦点距離[mm] : 420
実効画像幅 : 4288
実効画像高さ : 2848
ホワイトバランス : ホワイトバランス自動 (0)
35mm換算レンズ焦点距離[mm] : 630
撮影シーンタイプ : 標準 (0)
ゲイン制御 : 弱い増感 (1)
撮影コントラスト : 標準 (0)
撮影彩度 : 標準 (0)
撮影シャープネス : 標準 (0)
ISO値 : 400
撮影モード : FINE
ホワイトバランス : AUTO
AFモード設定 : AF-S

=========

b1200.jpg


部分的に等倍に切り抜いた画像です。Jtrimでの切り抜きです。

b_tobai.jpg



FastStone Image Viewerでレベル補正、シャープをかけた画像です。

sha.jpg



b_tobai_a.jpg




Neat Image でノイズ除去した画像です。

b_tobai_b.jpg




ブログに使用するときは上記の流れでこんな感じにします。

800.jpg


使用ソフトはいずれもオンラインフリーソフトです。
それぞれソフト名で検索するとダウンロードサイト、説明サイトがヒットします。

パソコン通信「NIFTY-Serve」

20年ほど前に初めてパソコンを買った。
取り敢えず、当時やっていた釣会の情報や、手持ちのレコードのデータ。住所録などパソコンに打ち込む。
たちまちやることがなくなってどうしようかなと思ってた時に雑誌の記事でパソコン通信なるものを知り早速入会。
当時大手の、NIFTY-ServeとPC-VANと同時に申し込んだが、NIFTY-Serveのほうがすぐにできたのでパソコン通信は
NIFTY-Serveでやってきた。

その後インターネットなるものができて、PC-VANは早々とパソコン通信に見切りをつけてプロバイダ事業に転換、BIGLOBEを作る。以来インターネットはBIGLOBEでやる。

最近、25周年ということでNIFTY-Serveが一年限定で復活。懐かしいDOS画面で当時の雰囲気を味わえるようになった。

nifty.gif

NIFTY-Serveでは音楽関係のソフト「Ray」を扱うFGALRAYに入会。PC98のFM音源を使い、音楽、画像、テキストを融合した楽しいソフトだった。このフォーラムでパソコンのことを色々教えてもらって今に役だっている。

RayはDOSのソフトで、データはWindows では見れなかったが、Windows 用に変換したデータが見つかったのでアップしてみた。

兄貴の撮った写真に音楽データをせっせと作ってカラオケ歌詞表示にして・・・今から思えが楽しくてしょうがなかった時代だった。

自分にとっては懐かしいデータだ。




 | HOME |  »

プロフィール

ファルーカ


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する