侍ファルーカ

私は幼少の頃からのマンガ好きだ。漫画というより劇画かな。

小学校高学年の頃には貸本屋で借りて読んでいた。月間の少年マンガ誌もあったが、
貸本屋では、貸本屋向けの劇画誌を借りて読んでいた。

時代物では「魔像」、現代物では「影」が人気が有ったようだ。
「影」にはさいとうたかお氏が描いていた。

「魔像」には平田弘史氏が描いていて、大変絵がうまく子供心に、「凄い人だ!!」と
感激して毎号読んでいたものだ。

当時私は10歳前後で、漠然と、平田弘史氏は中年の方だと思っていた。

その後月日は流れて50歳を過ぎたある日何気なくネットで検索してみると、なんと平田弘史氏のサイトがヒット。

その時分かったが私とは10才ほどしか離れてなかったのにはびっくり。二十歳ぐらいの時から描いていたわけだ。

すぐにファンレターならぬファンメールを出して少々お近づきになり、話の流れで私の家紋を描いて頂き、
侍ファルーカも描いていただいた。

根っからの理系男子でマックで劇画を描いていた時期もあったようだ。私の家紋や侍ファルーカもマックで描いていただいた。


家紋。

HamaKamon300a.jpg




侍ファルーカ。

Hama-1a.jpg



スポンサーサイト

«  | HOME |  »

プロフィール

ファルーカ


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する